矯正歯科 | 北区赤羽の学会認定医による矯正治療なら佐藤歯科医院へ

お問い合わせ

矯正歯科

学会認定医による矯正歯科治療

歯列矯正は歯科の中で最も専門的な分野と言えます。
そこで当院では、日本歯科大学付属病院より、専門の歯科医師をお招きして、検査・診断・治療を行っております。
矯正治療についての詳しい相談は無料にて承っております。

歯並びが悪い・かみ合わせが悪いとどんなことが起こるのでしょうか。

歯並びが悪いと、審美的に問題があるだけでなく、お口の中の環境を悪化させ、歯周病や齲蝕(むし歯)の発症リスクも増加します。
お子様の場合は、歯並びの悪さが顎の成長を阻害することもあります。

矯正歯科担当医師のご紹介

矯正担当医 : 片岡 彩乃

患者様へのメッセージ
矯正治療を担当しております片岡です。
矯正治療を行うことにより、お口の中だけでなく、身体全体の健康にもつながっていきます。
患者様の健康のお手伝いをさせていただきます。
矯正治療は治療を開始する時期が重要です。
迷われている方は、お気軽にご相談にいらしてください。
矯正の相談は無料で行っております。
経歴
2005年 日本歯科大学 歯学部 卒業
日本歯科大学附属病院 研修歯科医
2006年 日本歯科大学附属病院 矯正歯科レジデント
2008年 日本歯科大学附属病院 矯正歯科臨床助手
2012年 日本歯科大学附属病院 矯正歯科助教
所属学会・資格
公益社団法人 日本矯正歯科学会 認定医
特定非営利活動法人 日本成人矯正歯科学会 会員
一般社団法人 日本顎関節学会 会員
特定非営利活動法人 日本顎変形症学会 会員

当院で対応可能な矯正治療

 

  1. 乳歯列期(こどもの歯の時期の治療)

  2.  
  3. 混合歯列期(こどもの歯とおとなの歯の混ざっている時期の治療)

  4.  
  5. 永久歯列期(おとなの歯の治療)

 

●矯正治療のながれ

 

1.初診・相談

  矯正治療についての一般的な治療方法、期間、料金のおはなし。  

2.検査・診断

  詳しい検査を行います。
(レントゲン写真撮影、噛み合わせ、歯型、お顔とお口の中の写真撮影、虫歯のチェック等) 検査終了約1か月後に現在の噛み合わせ状態、詳しい治療方針や治療期間についてのお話をします。  

3.動的処置

  実際に装置を使って歯を動かしている期間のことです。
この期間は1ヶ月に1回の来院をしていただきます。装置によっては来院間隔に違いがあります。
来院の際には、装置のチェックやワイヤーの調整だけでなく、お口の中の虫歯、歯石、歯磨きのチェックを行います。
また、お口の中の写真を撮影します。
必要に応じてレントゲン写真の撮影や歯型をとることもあります。  

4.保定装置

  歯を動かした後、なにもしないと元に戻ろうとします。
これを後戻りといいます。
後戻りを防ぐために取り外し式の装置を装着していただきます。
はじめの1年は食事と歯磨き以外の時間、その後は就寝時に装着していただきます。
保定装置の初期は1ヶ月に1度の来院ですが、慣れてきたら来院間隔を延ばします。
来院の際は虫歯、歯並び等のチェックを行います。
     
  • ・メタル(金属)

  • ・セラミック(白色)

  • ・メタルとセラミック(上あごがセラミック、下あごがメタル)

  • ・デーモン(下あご前歯のみクリアー)

  • ・リンガル(舌側矯正装着)

  • ・アソアライナー(マウスピース型矯正装置)

赤羽の佐藤歯科医院TOPページ